2006年01月15日

蟾蜍

してその翌日も同じ事を繰返して、

昨日に異(かわ)らぬ慣例(しきたり)に従えばよい。

即ち荒っぽい大きな歓楽(よろこび)を避けてさえいれば

自然また大きな悲哀(かなしみ)もやって来ないのだ。

ゆくてを塞ぐ邪魔な石を

蟾蜍(ひきがえる)は廻って通る。



確か、
『人間失格』の中にあった一節。

話の中で、
蟾蜍の生き方は否定されてたけど、
あたしは、
蟾蜍素敵だと思うよ。

ゆくてを塞ぐ邪魔な石を、
廻って通ることも、
すごく大変なことだと思うから。

posted by JJJ at 01:15| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はまぐりって読んじゃった、えへへ。
フツーの日々が送れることは、
しあわせなのかもしれないにぇー。
そしてそれに気付いているってことは
ぢゅんちゃんがしあわせな日常を持っていると云フコト!
ステキ!
Posted by かなこ at 2006年01月15日 15:48
確かにハマグリに似てる(笑)!

かなちゃんも、
しあわせな日々を送っているはず!
ステキ!

卒論がんばれ☆
パワポとか超すごいし!!

あたしなんて、
レポートの延長上だったのに。。。
Posted by JJJ at 2006年01月17日 00:25
あたしは
人間失格の中にある

「モチ」とはもちろんの略である。

という一節で大爆笑したよ。

同じ本で印象に残ることに
差がありすぎですね。
Posted by ゆうか at 2006年01月17日 22:44
そんな一節あったっけ?
もう1回読んでみなきゃ!

ホント差ありすぎ。
ポジティヴか、
ネガティヴかの違い(笑)?

もちろん、
あたしがネガティヴってことで。
Posted by JJJ at 2006年01月18日 01:52
あれ〜?
人間失格」だと思ったけど、違ったかも!!
私ももっかい読もうかな★

もう10年前に触ったきり、
↑以外は覚えてないもんで(笑)
Posted by ゆうか at 2006年01月19日 01:00
あたしも、
読んだの3年くらい前だし、
記憶には全く自信ないよ(笑)
Posted by JJJ at 2006年01月19日 02:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。