2005年01月24日

フルーツバスケット(16)    ★★★★☆

フルバ.jpgフルーツバスケット 16 (16)花とゆめCOMICS

フルーツバスケットの最新刊出ました。
買おうかどうしようか迷ってたけど、
マンガ喫茶に置いてあったから買わずにすんだるんるん

透のママとパパの馴れ初めが分かって、
今までとは違う感じであたしは好きです。
透が蓋をしたがってた過去についてもなんとなく分かったし。

どの巻を読んでも、
フルバには素敵な言葉がたくさん出てきます。
NANAといい勝負。
今日子さんみたいな大人になりたいです。
posted by JJJ at 18:19| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(5) | 本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
natunohi69と申します。はじめまして。TBいただきましてありがとうございます。「十二支の謎」というのが何なのか?気になって気になって、どうしても『フルバ』の新刊を買ってしまいます。そちら様は「十二支」についてどう思われますか?今、こうの史代先生の『夕凪の街 桜の国』にもはまっていて何度も繰り返し読んでおります。こうの先生のファンページにも書き込みしたりしています。私の好きなマンガ家の中では、さべあ のま先生と、こうの史代先生がファンの書き込みにマメに答えていただけるのでうれしいです。そちら様は誰か、マンガ家のサイトに書き込まれたことがありますでしょうか?
Posted by natunohi69 at 2005年01月28日 05:51
コメントどうもありがとうございます!!!
「十二支」というテーマについてあんまり深く考えたことはないんですが…
でも、日本人って年賀状とか結構干支を気にする国民なんじゃないでしょうか?私はイノシシ年なので、楽羅です。
そんな風に、自分と重ねて読んだりできるのもおもしろいのかなぁ、なんて。
あと、フルバでは猫の話が重要ですよね。小さい頃、「何で干支の中に猫がいないんだろう?」と思った経験があるので、その意味でもおもしろいと思います。
natunohi69さんは、「十二支」についてどう思われているのですか?

『夕凪の街 桜の国』はまだ読んだことがありません。ぜひ読んでみたいと思います☆

サイトへの書き込みはしたことありませんね〜。私は矢沢あい先生が好きなんですが…
Posted by JJJ at 2005年01月29日 00:46
「十二支」とその中心にいる「あきと」の横暴についてですが、私たちの世代(50代)だと、昭和天皇が精神的な意味で日本全体に重くのしかかっていた時代をリアルタイムで良く知っているのでなにか、つい天皇制について考えてしまうのですが・・・

今の天皇の名前は「あきひと」ですが・・・

でも高屋先生の世代から言えば、ましてJJJさんの世代からいえば、そんなこと言われても実感ないでしょうね。

「猫つき」の話も大変興味があります。なにか日本特有の「部落差別」の問題かなにかと関連しているのかなと・・・もしそうだとしてもあからさまには出せないでしょうけれど。いずれにしても高屋先生の問題意識がどこらへんにあるのか大変興味があります。

ところでJJJさんはスペイン語学科の学生さんなのですね。私の娘はスペイン語学科を受験するには学力が不足とのことでポルトガル語学科を受験してなんとか入学、今大学3年目ですが昨年の9月からポルトガルの大学に交換留学しております。先日留学先の大学のレポートで「日本の縄文人と弥生人の相違について書け」という宿題が出た、とかで急にそのことについて教えてくれ、とのメールが入って回答するのに大変でした。
Posted by natunohi69 at 2005年01月29日 21:33
今の天皇の名前そういえば「あきひと」ですね…
natunohi69さんのように深い問題意識を持って読んだことがなかったので、すごい発見です!
これからフルバを読むときは、ちょっと視野を広げて読んでみようと思います。

余談ですが…
私は「花とゆめ」も立ち読みしているんですが、
あきとは女の子でした。
今本編は結構複雑でドロドロしている気がします。
深く考えていくと、実はすごい問題意識を持って書かれたマンガなのかもしれませんね…

私も今3年ですよ☆
娘さんと同じ年で同じ大学だったらすごい偶然ですね!!
交換留学かぁ…
留学しようかすごく悩んだ時期もありましたが、結局やめて今は就職活動に苦しんでます…
(最近ブログも就活の話ばっかりです。)
留学先での勉強すごく難しそうですね…
ポルトガル語でレポート書くなんてすごいですね☆去年の9月からってことは、きっともうペラペラですね!
私はスペイン語忘れかけてるので、すごくうらやましいです。
Posted by JJJ at 2005年01月30日 00:29
今年専門学校を卒業して社会人になったばかりのsizukuさんと言う方が、やはり『フルバ』と天皇制の絡みについて言及していらっしゃいました。
やはり私以外にもそう感じている読者もいるということですね。http://blog.goo.ne.jp/sizukuayanariのブログの
「休みも終わった」という記事のコメントの中でです。ところで『夕凪の街 桜の国』はの朝日新聞社の手塚治虫文化賞の「新生賞」も取ったですが、お読みにはなりました?ぜひ感想をお聞きしたいのですが・・・
Posted by natunohi69 at 2005年05月16日 00:31
あれ、ダブルコメントですね。申し訳ありません。片方消去願います。お手数かけます。
Posted by natunohi69 at 2005年05月16日 00:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

トラックバックセンター「トラックbank☆」OPENしました!
Excerpt: トラックバックセンターOPENしました。ブログのアクセスアップにお役立て下さい。ご不要でしたら削除してください。。。
Weblog: トラックバックセンター「トラックbank☆」
Tracked: 2005-01-25 15:58

『フルーツバスケット』(16)購入
Excerpt: 「良い年をして」とは思うが、どうしても毎回新刊が出るたびに購入してしまう。毎回の
Weblog: 東京日記2
Tracked: 2005-01-26 05:57

これがアメリカ版フルーツバスケットの広告画像です。
Excerpt: ハハハ、日本とほぼ同じでよかったね。タイトルもまんまだし。ベストセラーって書いて
Weblog: 東京日記2
Tracked: 2005-04-29 08:01

『フルーツバスケット17巻』、及び『フルーツバスケットファンブック[猫]』発売
Excerpt: 17巻すごいです。初めのページにある「あっけなく訪れた/終わりと始まり/それは/
Weblog: 東京日記2
Tracked: 2005-05-20 00:17

フルーツバスケット
Excerpt: フルーツバスケットフルーツバスケット(''Fruit basket'')* 多種の果物を見栄えよく組み合わせて入れた籠。お見舞いなどの手みやげとしてよく用いられるほ..
Weblog: もえのブログ
Tracked: 2007-10-13 07:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。